学会報告 2007年[国内学会]

学会報告 | 2007/05/17 3:46 PM

第5回トランスポーター研究会第1回関東部会

(平成19年12月10日(月),東工大すずかけ台キャンパス)

  1. トラフグ肝組織切片によるテトロドトキシン取込みにおける担体輸送系の関与.○松本拓也,長島裕二(海洋大),楠原洋之,杉山雄一(東大院薬),石崎松一郎,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).

 

第44回全国衛生化学技術協議会年会

(平成19年 11月15日,三重県津市)

  1. フグの魚種鑑別法の検討.○宮澤眞紀,仲野富美,小島尚(神奈川衛研),石崎松一郎(海洋大).

 

平成19年度日本水産学会秋季大会

(平成19年9月,函館市)

  1. 魚類コラーゲンα鎖の抗原交差性およびニジマスコラーゲンα2鎖のIgE結合エピトープ解析.○吉田沙織・澤口貴仁・石崎松一郎,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).
  2. TTX 単回投与後のトラフグにおけるTTX の体内動態.○松本拓也,長島裕二,石崎松一郎,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).

 

平成19年度日本水産学会春季大会

(平成19年3月,東京)

  1. ミトコンドリア16S rRNA遺伝子のSSCP分析によるフグ類の種判別.○中谷操子,木下滋晴(東大院農),石崎松一郎(海洋大),渡部終五(東大院農).
  2. フグ鰭の毒性.○本田俊一,長島裕二,石崎松一郎(海洋大),市丸俊一(佐世保市水産セ),荒川 修,高谷智裕(長崎大),野口玉雄(東京医保大).
  3. トラフグ体表粘液プロテアーゼインヒビターの同定.張 国華,○長島裕二,石崎松一郎(海洋大),平山 真,中谷操子,渡部終五(東大院農).
  4. トゲカジカ体表粘液抗菌タンパク質の一次構造.○塚本ちひろ,石崎松一郎,永井宏史,長島裕二(海洋大).
  5. アニサキス主要アレルゲンAnis1の簡易精製方法の確立および組換えアレルゲンの作製.○小林征洋,嶋倉邦嘉,石崎松一郎,長島裕二,塩見一雄(海洋大).
  6. アニサキス新規アレルゲンの同定および組換えアレルゲンのアレルゲン性評価.○大﨑賢一,小林征洋,石崎松一郎,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).
  7. イソギンチャクの溶血毒actinoporinの検索およびcDNAクローニング.○郡司妃代江,石崎松一郎,永井宏史,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).
  8. 貝類の部位別アレルゲン性評価.○田中雄太,江本 愛,石崎松一郎,嶋倉邦嘉,塩見一雄(海洋大).